動脈硬化の発生メカニズム

動脈硬化症

【動脈硬化の発生メカニズム】

動脈硬化症

 

動脈硬化は上記のメカニズムで発生するが、原因として脂質異常が最も指摘されているが私の診療経験では、脂質異常がない動脈硬化が約半数存在する。

その他の原因として考えられるのは老化コラーゲンである。

動脈硬化は高齢者に特徴的な変化である。

血管の主成分はコラーゲンであるが、加齢によりコラーゲン合成が低下して老化コラーゲンが血管内に溜まってプラークが発生する。
魚皮コラーゲンをのむとコラーゲンが若返って動脈硬化が改善すると考えられる。
症例を参照して下さい。


よろしければシェアお願いします

2019年5月に投稿した日本コラーゲン医科学研究会の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP