高品質コラーゲンによる頸動脈狭窄率の減少例

【左画像】頸動脈狭窄率 82%→48% 3ヶ月コラーゲン 1日10g摂取
【右画像】頸動脈 44%→24% コラーゲン 1日7.5g摂取

  • コラーゲンで狭窄率改善
  • コラーゲンで狭窄率改善

研究会コメント

高品質魚皮コラーゲンにより頸動脈プラークが減少

動脈は本来、非常に弾力に富んだ構造をしています。この弾力を生み出しているのがコラーゲンです。
しかし、加齢等に伴ってコラーゲンの生成がうまくいかなくなると、血管の弾力が失われるほか、キズの修復もうまくいかなくなり、そこにコレステロール等がどんどんと沈着しはじめます。その結果、引き起こされるのが、動脈硬化です。血管の弾力性を維持し、若さを保つ上でもコラーゲンの摂取は必要です。

日本コラーゲン医科学研究会とは?

日本コラーゲン医科学研究会は、コラーゲンに関する正しい情報・知識を提供するために組織されました。
コラーゲンは、美容・健康にも役立つことが実証されてきました。
今後ますます進行する高齢社会において、必須の成分であるといえるでしょう。
一人でも多くの方にコラーゲンをご使用いただき、皆様の美容・健康のお役に立てれば幸いです。

組織概要

コラーゲンは長く続けられそうなものを選んでみましょう

コラーゲンは質のいいものを毎日継続して摂ることが大切です。加齢とともに体内での合成が減るため、積極的に補給すると、肌のみならず、骨や血管のアンチエイジングや生活習慣病の予防にも役立つと注目されています。

美容と健康に役立つコラーゲンなら ドクターウエルネス 高品質・低価格・多数の国際特許取得


よろしければシェアお願いします

2019年5月に投稿した日本コラーゲン医科学研究会の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP