治験情報

高品質コラーゲンによる頸動脈狭窄率の減少例

動脈は本来、非常に弾力に富んだ構造をしています。この弾力を生み出しているのがコラーゲンです。 しかし、加齢等に伴ってコラーゲンの生成がうまくいかなくなると、血管の弾力が失われるほか、キズの修復もうまくいかなくなり、そこにコレステロール等がどんどんと沈着しはじめます。その結果、引き ...

≫ 記事の続きを読む

PAGE TOP